熊野古道

熊野本宮

熊野本宮

国の重要文化財に指定されている社。歴史は古く紀元前までさかのぼります。全国に3000以上ある熊野神社の総本山です。湯の峰に来た場合はぜひ訪れてみてください。

那智大社

那智大社

熊野那智大社は熊野本宮大社とともに熊野三山の一社として有名です。全国に4000以上ある熊野神社の御本社でもあります。縁結びの神様としても有名です。

那智の滝

那智の滝

日本三大瀑のひとつ。日本で一番の落差を誇っています。落ちる高さは133mあります。岩盤に3つの切れ目があり、3筋になって落下する事柄「三筋の滝」とも呼ばれています。日本一の落差の滝を自分の目で確認してみてください。

世界遺産を堪能する

つぼ湯

つぼ湯

当館から歩いて1分くらいのところにあるつぼ湯。小さなつぼのような形になっており、1日に7回温泉の色が変化するといわれています。昔は熊野大社へ参拝に訪れる前にこのつぼ湯で体を清めてから参拝に行っていたそうです。湯の峰に来たら一度は入ってみたい温泉のひとつです。

赤木越えルート

世界遺産にも登録された熊野古道。その登山のコースです。当館からすぐにスタートすることができます。

コース内容

「心門王子」0.8km・約15分→「猪乃鼻王子」0.4km・約7分→「赤木越分岐」2.2km・45分→「なべわり地蔵」1.2km・20分
→「柿原茶屋跡」2.5km・45分→「湯の峰温泉」

大日越えルート

本宮大社から湯の峰温泉までを結ぶ山越えのルートとなります。比較的に短く歩きやすいのが特徴です。

コース内容

「熊野本宮」0.8km・約10分→「大斎原」0.4km・約5分→「大日越え登り口」0.7km・約20分→「月見ヶ丘神社」0.4km・約10分
→「鼻欠地蔵」0.9km・約20分→「湯の峰王子」0.2km・約5分→湯の峰温泉

民宿やまね おすすめのルート

熊野古道を徒歩で歩くと1日かかってしまうため、長距離を歩くことになってしまいます。
そのため当館ではバスを使ったルートをおすすめいたします。

コース内容

湯の峰(龍神バス・熊野本宮線・発心門王子行)→発心門王子(徒歩・1.7km・約35分)→水呑王子(徒歩・1.9km・約40分)
→伏拝王子(徒歩・1.2km・約25分)→三軒茶屋跡(徒歩・1.9km・40分)→祓殿王子(徒歩・0.2km・約5分)
→本宮大社(熊野御坊南海バス・新宮駅行き)→湯の峰